前へ
次へ

自由診療でも医療費控除は対象になる

治療には「保険診療」と「自由診療」で受けられるものがあります。
保険診療は健康保険制度を利用して1割~3割負担で受けられる治療、自由診療は健康保険制度が利用できないので全額自己負担で受ける治療です。
医療費控除は保険診療の治療が対象と思っている方も多いですが、自由診療でも対象になります。
そもそも医療費控除の対象ポイントは「治療であるかどうか」です。
例えば歯のインプラント治療は自由診療ですが、病気や怪我などで失った歯を取り戻す治療として行うのであれば医療費控除の対象になります。
しかし、丈夫な現存している歯を抜いて歯並びを整えるために行うのであれば、それは治療とはみなされないため控除の対象にはなりません。
抗がん剤治療は日々進化していますが、最先端の治療は自由診療のケースがほとんどです。
しかし、こちらはもちろんガン治療になるので控除の対象になります。
治療に該当するかどうか分からない場合は医師に相談してみるといいでしょう。

Page Top